倉島 麻帆(くらしま まほ)
スマイルボイスコンサルタント
フリーアナウンサー
一部上場企業をはじめ、のべ2万人以上に セミナー・研修を実施

心を込めて「自分」を語ろう
私達日本人はこれまで、直接的に自分の考え・気持ちを表現しないことを「おくゆかしさ」としてきました。確かにそういう一面はあります。ところで一方、「自信を持てない」若者が増えていると言われています。実際、内閣府のホームページには「日本の若者のうち、自分自身に満足している者の割合は5割弱、自分には長所があると思っている者の割合は7割弱で、いずれも諸外国と比べて日本が最も低い」との文言があります。さて原因は何でしょう。
おそらく、これまでに「自分」を等身大で語り、周囲から認められるという機会が少なかったからでしょう。それに加え、適切なトレーニングを受ける機会がなかったのも事実です。例えば、一般の教育現場での音読の指導では、主に「間違えずに読めたか否か」が重視されます。また何かの発表の場合でも、主に内容が重視されます。教育現場では自分らしさよりも正確さが求められているのが実情です。グローバル化し、様々な文化的背景を持つ人々との交流が求められる中で、もはや正確に述べるだけでは通用しません。自分の考えを心を込めて伝えるスキルが必要なのです。もちろん、自分の考えがそのまま相手に受け入れられるとは限りません。ですから、議論や交渉といったスキルも必要となります。だからこそそうしたプロセスを経て自分の考えが認められた時、自信を持つことができるのです。
本講座では、子ども達に身近な「絵本の読み聞かせ」から始め、音読、ボイストレーニング等「自身を語る表現力」を育てていきます。


福士 唯男(ふくし ただお)
バルシューレジャパン理事
最先端の運動プログラム 「バルシューレ」の普及に努める

ボール遊びが開く「世界」への道
世界を舞台に活躍するトップアスリート達が、どんな体勢からも決め技を放つ姿に驚嘆させられることはしばしばです。そんな彼らに共通するのが「体幹」を上手く使っている点です。体幹とは首・肩から股関節までの胴体をさします。その胴体=体幹が安定しているからこそ、手脚を自由自在にコントロールできるのです。しかし性格に個性があるように、体の作りも人により様々です。したがって、体幹の使い方にも個性があります。
これまで私たちは球技を習う際には、その種目固有の理想的なトレーニングだけを行ってきました。しかし体の作りが個々人で異なるのに、そもそも理想的なフォームというものが存在するのでしょうか。そればかりか、その種目自体がお子さんに合っていない、という場合もあります。その結果、運動嫌いな子どもや、アスリートからドロップアウトしてしまう人達を生み出してしまってきたのです。
本講座の中心的プログラム「バルシューレ」とは「ボールスクール」(Ball school)、子どものボールゲーム教室のことで、ドイツ・ハイデルベルク大学スポーツ科学研究所で開発されました。個別種目の学習に入る前の低学年の時期に、にすべての球技に共通する、最大公約数的な基本要素を遊びながら身につけることができるよう工夫されており、さまざまな球技の基礎技能がオールラウンドに習得できるように作られています。また、単に走る、捕る、蹴る、投げるといった技能だけを身につけるのではなく、状況に合わせた判断力、空間把握能力を養うという特徴があります。


川上 圭輔(かわかみ けいすけ)
工学博士
子どもたちと楽しみながら実験することがモットー

「理科好き」にする秘訣
2015年に実施された全国学力テストの結果、中学生の「理科離れ」の傾向が顕著に現れました。「理科の勉強が好き」と答えた小6は83・5%。小学校で理科は人気ですが、中3では61・9%まで減少します。小学校では観察・実験といった体験的学習が中心ですが、中学になると理論的な授業が増え内容理解が難しくなることが一因と言われています。
また他の要因として、学校の外で「理科に興味を持つ機会」が減っていることが考えられます。ゲームに費やす時間が増える一方、外遊びの時間は減っています。本来、自然界で生じる多くの現象は、日常として自ら体験するべきで、そこから自身の理科的興味・関心が生じます。ところが今日、これらの現象はインターネットやテレビメディアを通じて、すでに間接的に体験されることが多くなっています。疑似体験が実体験に先行してしまっているのです。実際に実験を行っても「テレビで見たのと一緒だ」といった反応が子ども達から返ってくるのはそのためです。
学校の外で「理科に興味を持つ機会」を増やすには、ご家庭でも再現可能な「身近なもの」として実験を行うことが重要です。そのためには、先ずは遊びの中から様々な現象に触れる機会を与え、次に失敗を通じて考えさせるステップを作らなくてはなりません。そうして培われた興味こそが本物の「理科好き」(創造的に科学的に物事を追究する人間)を育てることになります。
本講座では、遊びから始めて、身近な理科的現象への興味関心を引き出します


佐藤 智子(さとう ともこ)
プロインタビュアー
1万人のインタビュー経験を誇る。
小中高校の教員免許を活かし、公立学校でゲストティーチャーとしても授業を行う。

「聴く」から始まるコミュニケーション
グローバル化の中で、異文化を背景とする人々との共生がますます一般的になっていきます。それはつまり、私たちが他人との交流においてこれまで重視してきた「察する」ことや「空気を読む」ということが通用しなくなることでもあります。そのことから様々なトラブルが発生すると考えられますが、根底には相手の話を「聴く」というスキルが身についていない、さらに言えば、聴く心構えができていないという問題があります。
誰だって、得意なことや好きなことがあります。本人も気づいていない才能や可能性という、宝物を発掘するのが、本講座、インタビュートレーニングです。みんなが、自分の知恵を、自分の持っている情報を分かち合えば、誰もが、誰かの役に立つことができます。結果として、みんなが得をして、みんなが幸福になることができます。しかし単に「聞く」ことと「聴く」こととは異なります。「聞く」は聞こえてくるものを耳が漫然ととらえることであるのに対し、「聴く」は注意して「傾聴」することです。そのためには相手をリラックスさせる雰囲気作りを意識的に行うことや、質問の段取りを構成する能力や、時には相手の混乱した考えをまとめる能力が必要です。これらの様々なスキルを用いてようやく、相手の本当の考えが引き出せるのです。
さらに重要なことがあります。それは「聴く」ことを通じて、相手が自分を信頼するようになる、ということです。人間は信頼できない相手に対しては、決して本音を語ることはありませんので、必然的なことと言えます。


濱田 拓男(はまだ たくお)
日本体育協会公認
ジュニアスポーツ指導員
アスリート・海外勤務の経験を活かした独自の指導が特徴

コーディネーションで脳力アップ!
子ども達の体格は良くなっているものの,体力や運動能力は低下の一途をたどっています。加えて体を上手にコントロールできない子どもが増えていると言われています。小学校低学年のお子様たちは、まさに今「プレゴールデンエイジ期」にあると言えます。この時期は将来の運動能力に大きく影響するコーディネーション能力が特に発達する時期です。コーディネーション能力とは主にリズム感覚・バランス感覚・反射神経・空間認知能力等の能力を総称したものです。この時期に獲得した能力はいわば一生モノ。「あの人は運動神経が良い」などと言われる人たちはこの「コーディネーション能力」が高い人たちと言ってよいでしょう。この能力は、トップアスリートに限って必要なものではありません。運動神経が良い人はポケットに手を入れていても転んだ時にとっさに手をつけるもの、以前は遊びの中でこのような能力が自然に培われていたのですが、現在の子供たちは以前のような昔遊びの機会が失われているせいで、転んでも手をつけない子やうまく受け身をとれない子が増えています。大きなけがを防ぐための感覚もこの「コーディネーション・トレーニング」で養うことができます。
本講座ではボール遊びや昔ながらの遊び、宝探しなどの「運動遊び」を通じて将来の運動能力に大切な「コーディネーション能力」の発達に大切な動きを体験します。またレッスン中は簡単な英語を使って指示を出します。英語を英語のまま理解する能力を養成し本格的な英語学習へのスムーズな移行を促します。


江間 みはる(えま みはる)
整理収納アドバイザー
自ら厳選した物で生活を豊かにする提案をしている。

キチンとすると見えてくる
低学年の間に身につけておきたいのは「整理する能力」です。幼稚園・保育園までは、身の周りのことを始め、先生が「やってくれる」ものとして子ども達は育っています。それが小学生になった途端、自分のことは自分でやる責任感が求められます。それにフラストレーションを感じ、登校を渋るようになるのが「小1ギャップ」の原因の一つと言われています。
子ども達が「何が自分に必要で」「何をしなくちゃいけないのか」がわかっていないまま、突然「自分の事は自分でやる」ことを求められて、とまどうのは当然と言えます。 本講座は先ず、子ども達に身近な「お片付け」を、遊びを通じて学ぶことからスタートします。その後、決まりを見つけて物を仕分ける学習、優先順位をつけて取捨選択する学習、平面空間・立体空間を上手に活用する学習へと発展します。これらの学習を通じて、子ども達は自分の身の周りを整理する能力を身につけるだけでなく、将来算数の学習において必要な「およその数を把握する能力」「条件を整理する能力」「空間を構成する能力」を養います。
またポイントは、教材として「身近な具体物」を使用する事です。身近な物であるからこそ、子ども達の興味・関心を引き出すことができ、座学では得る事の出来ない、体感・実感を伴った学習になるのです。


野田 貴子(のだ たかこ)
玉川大学文学部芸術学科演劇専攻(現芸術学部パフォーミング・アーツ学科)卒業後、俳優として活動。舞台、CM、テレビドラマ、映画、吹き替えなど出演多数。 企業のコミュニケーション研修に俳優として参加。産業カウンセラー資格取得者。

体を使って想像の旅にでかけよう
映画や音楽、アニメーション、テレビドラマ、そして小説やダンス、絵画、演劇など、広く芸術や娯楽は、私たちを楽しくわくわくさせてくれます。また、リラックスや気分転換にもおおいに役立ちます。

芸術や娯楽を創る人たちは想像力が豊かです。人々が驚くような新しい発想や豊かな感動を与えてくれるものを想像し、創りだします。

しかしながら、新しいものを創りだす人たちは何も芸術家たちだけではありません。

大きな事業の創始者は言うに及ばず、あらゆる職種の人々、また、子育てや介護や、主に家事を担っている方まで、世界を変えるような大きな仕事にも日常の小さな工夫にも、何かを生み出したり時には困難を乗り越えたりする為には情報や知識と同じくらい、柔らかく自由な発想力、想像力が欠かせないのです。

この講座では、まず子どもたちがリラックスして心を開き自由に楽しく想像できる準備から始めます。様々な大きさ、高さの声を出しながらゆっくり、または早く歩いたり、動物や物の真似、想像上の人など誰かになってみたりします。さらに、興味のあることや習い事、行事などの近況を聞き、子どもたち自身に今日はどんなことを想像しようか発言してもらいます。そしてその日のルールも講師と子どもたちみんなで話し合って決めるなど、客観的な運営力や協力する力も同時に付けていきます。

そしてまた、それぞれの子どもたちが元々持っている感性や特徴をお互いに繊細に感じ取ることにより、思いやりをもって認め合えるようになります。それはコミュニケーション能力の育成にもつながります。


鈴木 万久美(すずき まくみ)
アップストリーム・エデュケーション取締役
ファイナンシャル・プランナー
外資系金融機関を経て全国の子供達の金融リテラシー育成を推進

金融教育が育む「社会を生き抜く能力」
「金融リテラシー」という言葉を聞いた事がありますでしょうか?この「金融 リテラシー」とは、金融に関する知識、感覚、能力の事を表します。文字の読 み書きが生きていく上で必要であるのと同様に、この金融に関する知識、感覚、 能力は子供達がこれからの社会を生き抜く上でとても大切になる能力です。 アメリカやヨーロッパ先進国では、小さい頃から「金融リテラシー」を身につ ける機会が沢山あり、子供達はそうした機会を通してお小遣いの管理方法や社 会の仕組み・身の回りの会社やビジネスに興味を持つことができます。それに 対し日本の子供達にとって「金融リテラシー」を身につける機会は非常に限ら れています。 自分の事や世の中の事を金融や経済・お金の側面から考えられるようになる事 は、子供達にさまざまな「気づき」を与え、主体的に物事を考えたり、取り組 むきっかけを与えます。「金融リテラシー」を子供の頃から身につけることで、 子供達は社会を賢く生き抜き、従来の常識にとらわれずに自分の人生の可能性 を広げ、充実した人生を歩んでくれるはずです。 本講座では、「金融リテラシー」を育てるために必要な 4 種類の能力「金銭感覚」 「ビジネス感覚」「投資知識」「経済知識」をバランス良く伸ばしていきます。 金融・ビジネス・投資・経済...なんて言うと難しく聞こえるかもしれませんが、 全然そんなことありません。毎回ゲームを取り入れ、お子様が楽しみながら学 べる内容になっています。楽しくて夢中になりながらお子様の「金融リテラシ ー」を育てていきます。